会社概要

沿革

創業 延宝元年(1673年)
会社名 玉乃光酒造株式会社
代表者名 代表取締役社長 丸山 恒生
資本金 6,540万円
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 商工中金 滋賀銀行 京都銀行
従業員数 110名(関連企業含)
本社 〒612-8066 京都市伏見区東堺町545-2 MAP
[交通機関]
京阪 「丹波橋駅」、近鉄 「丹波橋駅」 西口より下板橋通りを西へ徒歩15分
東京支店 〒194-0005 東京都町田市南町田2-6-32
 MAP
札幌営業所 〒060-0807 札幌市北区北七条西4丁目東カン第一札幌ビル MAP
事業内容 清酒、焼酎、酒粕の製造販売
蔵見学 蔵見学は行っておりません。

役員一覧

代表取締役社長 丸山 恒生
取締役 東 千代子
取締役 平田 毅至
監査役 石井 亘
執行役員 丸山 恒生
前垣 吉夫
平田 毅至
松島 康之
仲矢 顕司

玉乃光 沿革

延宝元年(1673年) 初代、中屋六左衛門が、和歌山市寄合町にて、紀州国紀州藩の第二代藩主、徳川光貞(家康の孫)の免許で創業。玉乃光の酒銘は、代々の 六左衛門が紀州熊野の速玉(はやたま)神社に帰依しており、主神たる「イザナギノミコト、イザナミノミコトの御魂が映える」との意味を込めて命名されたと 伝えられている。現社長は13代目。
昭和24年(1949年) 玉乃光酒造株式会社設立。戦災以後(昭和27年から40年代半にかけて)、京都伏見に移転。
昭和39年(1964年) 米100%の純米清酒を、業界に先駆けて独自に開発し、以後純米吟醸酒の品質向上に尽力し、今日に至る。天然の酸味と甘味のバランスが取れ、香り高く飲み飽きしない日本酒造りを、究極の目標としている。東京支店を東京都町田市に開設。
昭和41年(1966年) 無添加清酒「超特級 玉乃光」を発売。
昭和44年(1969年) 純米清酒玉乃光の実物宣伝のため、大衆割烹「玉乃光酒蔵」を、東京に出店。
以後、名古屋、大阪の都心に展開。札幌夢天下会開始。
昭和45年(1970年) 「純米吟醸 冷蔵酒450mlパック」を発売。
昭和52年(1977年) 米焼酎製造販売開始。
昭和54年(1979年) 大平総理就任祝賀会の鏡開きに樽が使用される。
昭和55年(1980年) 純米清酒を全て純米吟醸造りにグレードアップ。
「純米吟醸 酒魂」を発売。
福時著「酒通入門」出版。
昭和58年(1983年) 京都夢天下会開始。
昭和60年(1985年) 純米吟醸酒の輸出開始。
昭和62年(1987年) 雄町米を復活させて特級清酒「超特撰 備前雄町」を発売。
昭和63年(1988年) 京都府井手町に井手蔵を設立。
平成6年(1994年) 平安京遷都1200年を記念して京都産酒造好適米祝を100%使用した「純米大吟醸 こころの京」を発売。
平成8年(1996年) 「純米吟醸 冷蔵酒300mlパック」を発売。
平成9年(1997年) 過冷却現象を引き起こす「注いで凍るみぞれ酒専用フリーザー」を開発。
平成11年(1999年) 福時著 続・酒通入門「士魂商才」出版。
平成15年(2003年) 「純米吟醸 山廃」を発売。
平成17年(2005年) 「梅酒」を発売。
平成18年(2006年) 京都夢天下会100回目開催(からすま京都ホテル)。
宇治田 宏 社長就任。
平成20年(2008年) 「純米吟醸 ひやおろし」を発売。
平成21年(2009年) 丸山 恒生 社長就任。
平成25年(2013年)3月 日本酒まつり蔵開き初開催。
平成25年(2013年)9月 名古屋夢天下会100回目開催(アパホテル名古屋錦)。
平成26年(2014年)2月 「純米吟醸 ささにごり」を発売。
平成27年(2015年)3月 「純米大吟醸 酒鵬」を発売。
「京の梅酒」「京の柚子酒」を発売。
平成27年(2015年)7月 焼酎リニューアル(「まねきつね」、「29」)を発売。